矢車菊の花言葉が怖いと言われる理由は?色別の意味や由来についても!

矢車菊

【PR】

矢車菊(ヤグルマギク)は、その鮮やかな色彩と繊細な形状で多くの人々に愛されています。

この美しい花には、それぞれの色ごとに異なる花言葉が込められていますが、実はその花言葉の背後には深い意味や歴史的な背景が隠されているんです。

この記事では、矢車菊の花言葉に込められたメッセージについて詳しく解説しています。矢車菊の花言葉に込められた思いやその意味をより深く知って、新たな魅力を楽しんでみてください。

矢車菊の花言葉に込められたメッセージ

矢車菊(ヤグルマギク)は、その鮮やかな色彩と繊細な形状で多くの人々に愛されています。そして、その花言葉には深い意味や歴史的な背景が含まれています。ここでは矢車菊の花言葉に込められたメッセージについて詳しく解説していきます。

矢車菊の花言葉の深い意味

矢車菊の花言葉には、一般的には「繊細な愛」や「幸福」といったポジティブな意味が知られていますが、色によっては「裏切り」や「孤独」といったネガティブな意味も持ちます。

矢車菊の花言葉は、中世ヨーロッパの伝承や物語に由来していることが多いんですね。

矢車菊の花言葉の起源には、中世ヨーロッパの騎士たちの物語が関係しているとも言われ、その中には、愛や友情が試される場面で矢車菊が象徴的に使われることがあります。

このような背景から、矢車菊が「裏切り」の象徴とされることがあるのです。この悲しい物語が、矢車菊の花言葉に「裏切り」という意味を与えたんですね。

矢車菊の花言葉が伝えるメッセージ

矢車菊の花言葉は、さまざまなメッセージを含んでいます。

青い矢車菊は相手との絆を深めたい時や、平和と安らぎを願うシーンにぴったりですし、ピンクの矢車菊はその柔らかな色合いが優しさや愛情を象徴し、恋人や家族への贈り物としてよく選ばれます。

また、紫色の矢車菊には少しネガティブな意味が含まれますが、これは花の神秘的な魅力や歴史的背景に由来しています。紫色の花は、美しさとともに儚さや哀愁を感じさせ、深い感情を伝えたい時によく使われています。

このように、矢車菊の花言葉は色ごとに異なるメッセージを持ち、それぞれが特別な意味を伝える役割を果たしています。

矢車菊の花言葉を理解するために

矢車菊の花言葉を理解するためには、その背景にある歴史や文化を知ることがポイントになってきます。

矢車菊はヨーロッパ原産で、特にドイツやフランスで古くから親しまれてきました。

ドイツでは国花として愛され、戦争中には兵士の勇気と忠誠の象徴とされました。また、フランスでは「儚い恋」や「後悔」といった花言葉が伝わるように、文学や芸術の中で哀愁や悲しみを表現する花として描かれることが多かったのです。

矢車菊についての歴史的・文化的背景を知ることで、矢車菊の花言葉が持つ深い意味やメッセージをより理解することができますよね。

矢車菊は贈り物としてだけでなく、自分自身の気持ちを整理するためにも花言葉を参考にしてみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たね グリーンフィールドプロジェクト コーンフラワー/矢車菊(青色) 小袋
価格:402円(税込、送料別) (2024/5/15時点)

楽天で購入

 

 

 

矢車菊の花言葉に隠された怖い意味

矢車菊の花は、その美しい見た目で多くの人々に愛されていますが、実はその花言葉が怖いと言われることもあります。なぜネガティブな印象があるのか不思議ですよね。ここでは、矢車菊のネガティブな意味の花言葉について、その背景について詳しく見ていきます。

矢車菊の怖い花言葉とその背景

矢車菊の花言葉には、「繊細な愛」や「幸福」といったポジティブな意味がある一方で、「裏切り」や「孤独」というネガティブな意味も含まれています。

特に「裏切り」という花言葉は、中世ヨーロッパの伝承や物語に由来しています。

例えば、中世の物語では、恋人や友人の裏切りや離別のシンボルとして登場することがあり、これが「裏切り」という意味を持つ一因となっています。

矢車菊の花はその美しい見た目とは裏腹に、悲しみや裏切りの象徴として描かれることがあったんですね。

矢車菊はキク科植物だから怖い花言葉がついた?

実は、矢車菊を含めてキク科に属する植物には、怖い・ネガティブな花言葉を持つ花が多いのです。

矢車菊の花言葉の歴史的背景に加えて、キク科植物の花言葉には、「別離」や「悲しみ」といった意味が見られます。

矢車菊も紫色の品種には「裏切り」や「孤独」というネガティブな花言葉が付けられています。

キク科植物の花言葉が、怖さやネガティブなイメージを持つものが多い理由には、

  • 花の外見
  • 毒性
  • 伝説や昔話

といった、共通の特徴が関係しています。矢車菊を含めて、キク科の植物は古くから人々の感情や運命に深く影響を与えてきたことがうかがえますね。

とはいえ、【キク科の植物だから怖い花言葉がつく】というのは少し無理やりな感じがしますよね(^^;)キク科のお花はかわいいので、育てたり眺めるのは大好きです♪

矢車菊が持つ暗い歴史とは?

中世ヨーロッパでは、矢車菊が魔女狩りや呪いの儀式に使用されることがありました。魔女と疑われた女性たちは、無実を証明するために矢車菊を使って占いを行うことがあったのです。

また、戦場でも矢車菊は重要な役割を果たし、戦士たちが戦場で命を落とした際、遺体に矢車菊を添えて送り出すという風習もありました。

こういった背景から、矢車菊の花言葉には、その美しい外見からは想像もつかないような意味が付けられているんですね。

色別に見る矢車菊の花言葉の違い

矢車菊(ヤグルマギク)は、色ごとに異なる花言葉が存在することをご存知でしょうか?矢車菊の花色によって異なる花言葉には、それぞれ特有の意味があります。ここでは、青やピンクの矢車菊が持つ特別な意味について詳しく解説します。

矢車菊の色別の花言葉とは?

矢車菊の花言葉は、その色によって異なります。

例えば、一般的な青い矢車菊には「繊細な愛」や「幸福」といったポジティブな意味があります。

しかし、紫やピンクなどの色にはまた別の花言葉が存在します。色ごとの花言葉を知って、贈り物として矢車菊を選ぶ際の参考にしてみてください。

それでは、青とピンクの矢車菊の花言葉について詳しく見ていきましょう!

青い矢車菊の持つ意味

青い矢車菊は、その美しい青色で人気があります。

見る人に清涼感と平和な気持ちを与えるこの花は、特に「幸福」や「信頼」といった花言葉を持ちます。青い矢車菊は、冷静さと安定感を象徴し、信頼関係を深めるためや、平和を願う時に贈るのがおすすめです。

また、この花の青色は、精神的なつながりや深い感情を示し、相手への深い愛情を伝えるのに最適です。特に、遠距離恋愛をしているカップルや、長い間会えない友人への贈り物にぴったりです。

フランスの詩人ジャン・コクトーは、青い矢車菊を題材にした詩を書いていたりもして、芸術の世界でも題材にされることが多かったんですよ。

ピンクの矢車菊の花言葉

ピンクの矢車菊は、その柔らかな色合いから「繊細な愛」や「優雅さ」といった花言葉を持ちます。

この色は、恋愛や家族愛を象徴し、特に恋人への贈り物として人気があります。

また、ピンクの矢車菊は「希望」や「感謝」の意味も持ち、感謝の気持ちを伝えたい時や、未来への希望を表現したい時にもおすすめです。

ピンクの矢車菊は、その愛らしい見た目から、結婚式や記念日のアレンジメントにもよく使われます。特に、春のイベントや祝い事には欠かせない花として親しまれています。ピンク色の花は、その見た目だけでなく、持つ意味からも多くの人に愛されています。

さらに、ピンクの矢車菊は「癒し」や「安らぎ」の象徴ともされています。この花を見ていると、心が落ち着き、リラックスした気持ちになります。そのため、ストレスを感じている人や、忙しい日々を送っている人への贈り物としても適しています。

以上のように、矢車菊はその色によって異なる花言葉を持ち、それぞれの色が特別な意味を持っています。贈る相手やシーンに合わせて色を選ぶことで、より深いメッセージを伝えることができるでしょう。

まとめ

矢車菊の花言葉には、その美しさの裏に隠された深い意味や歴史的な背景が存在します。

青い矢車菊は「幸福」や「信頼」、ピンクの矢車菊は「繊細な愛」や「優雅さ」を表します。一方、紫色の矢車菊には「裏切り」や「孤独」というネガティブな意味が含まれています。

また、青い矢車菊は信頼関係を深めるために、ピンクの矢車菊は愛や感謝を伝えるために適しています。紫色の矢車菊は、深い感情や複雑な思いを伝える際に選ぶのもおすすめです。

矢車菊を贈る際には、その色ごとの花言葉を理解し、贈る相手やシーンに合わせて選ぶようにしてみましょう!

矢車菊の花言葉を知ることで、この美しい花の魅力をさらに感じることができ、贈り物としてもより意味深いものになります。ぜひ花言葉の持つ力を活用し、大切な人に心のこもったメッセージを届けてみてください。

矢車菊の花言葉は色別で違っているので、それぞれの花言葉を比べてみるのは面白かったです。このサイトではポインセチアの花言葉についても以下の記事にまとめていますのでぜひ参考にしてみてください(^^)

ポインセチアの花言葉の由来は?色別の意味やおすすめの品種についても!

 

error: Content is protected !!